ホーム > 空手部 > 沿革

沿革

1922年(大正11年)

船越義珍 東京にて唐手初公開「琉球拳法唐手」*発刊

1924年(大正13年)

慶應義塾「唐手研究会」発足(船越義珍師範就任)

1925年(大正14年)

「錬胆護身唐手術」*発刊

1928年(昭和3年)

三田物置を改造「道場」とする(俗称カンテラ小屋)

1929年(昭和4年)

5周年記念大会にて唐手を「空手」と改称、さらに人格陶冶、完成に至る「道」であるという概念を導入し「空手道」という名称を内外に宣言。

那覇手(剛柔系)の三戦、百〇八(スーパーリンペイ)、転掌を含む、セーエンチン以外の現在の全ての持ち形明記。このうち「木枯」(創作形)、「多和田のバッサイ」は失伝。

1930年(昭和5年)

「因敵転化」扁額、「拳」(部内研究誌第1号発行)

1932年(昭和7年)

2月 「空手研究会」塾内対抗競技部として承認

10月15日 「体育会空手部」として承認

同時に先輩団体として三田空手会発足

1933年(昭和8年)

屋比久孟「周氏、佐久川の棍」教授

1934年(昭和9年)

三田道場建設

1935年(昭和10年)

摩文仁賢和「セーエンチン」教授

10周年記念大会。「空手道教範」*発刊

1936年(昭和11年)

「空手道集成」発刊

(沖縄にて正式に唐手を「空手」と改称・宣言)

1937年(昭和12年)

日吉道場建設

1951年(昭和26年)

日吉道場建設(2回目)

1957年(昭和32年)

第1回全日本大学選手権開催。本塾準優勝(流派を越えた本邦初の公式空手競技)

1958年(昭和33年)

日吉道場建設(3回目)、小金井工学部道場建設

1960年(昭和35年)

(復活)第1回早慶空手定期戦

1963年(昭和38年)

信濃町道場建設

1968年(昭和43年)

三田新道場建設

1972年(昭和47年)

工学部道場取り壊し(工学部日吉移転による)

1974年(昭和49年)

空手部50年史発刊

1992年(平成4年)

日吉道場改築

1999年(平成11年)

空手部75年史発刊

2003年(平成15年)

信濃町道場改築

Please reload

空手部について

10月15日は慶應義塾空手の日

(創部および体育会承認記念日)

 

慶應義塾體育會空手部100周年

2024年10月15日