ホーム > 入部・入試案内 > 入試制度のご案内

入試制度のご案内

(1)塾の入学者受入方針

これまでも、これからも「未来を自分でつくる」人を育む

-慶應義塾の入学者受入方針(アドミッションポリシー)について-

  慶應義塾は「気品の泉源、智徳の模範たらんことを期し」「全社会の先導者たらんことを欲するものなり」という創設者福澤諭吉の志を使命とし、独立自尊の人格を育成し、精深な学術の理論と応用を研究教授して、広く社会の先導者を養成するとともに、文化の発展に貢献することを目的としています。慶應義塾は、これを可能にする優れた研究業績をもつ数多くの研究者を擁し、各学部はカリキュラム改革に取り組み、特色ある授業、国際交流など、時代の流れをリードする教育を行っています。受験生の学歴背景を尊重し、能力・適性等を多面的に評価することにより、国内は全国各地から、また海外からも、広く多様性のある優秀な入学者受入れをすべく、さまざまな入試制度を構築しています。もって、日本と世界の未来を先導する入学者を受け入れることを目指しています。(出所:塾HP引用)

 

(2)各種入試制度

 上記方針の下に慶應義塾では以下の入試制度を設けております。

-一般入試

-自主応募推薦入試(文学部のみ)

-指定校推薦入試(法・商・理工・薬学)

-帰国生入試(看護医療を除く全学部)

-留学生入試(看護医療を除く全学部)

-AO入試(法・総合政学・環境情報・理工・看護医療)

 詳しくはこちらを参照願います。

 

(3)総合政策学部及び環境情報学部のAO入試について

両学部は1990年に創部された塾内では比較的新しい学部ですが潜在能力の高い多才な学生に入学してもらう為の施策の一つとして国内大学で初めてAO入試制度を導入しました。尚両学部のAO入試では所謂筆記試験はありません。

-具体的には下記の試験があります

 1次試験:志望理由書・自己アピール及びその他入学志願書類の提出

 2次試験:面接試験(約30分)

-但しこのAO入試制度は所謂スポーツ選手選抜制度ではないので高校時代の各種スポーツ大会での優勝等の実績は定性評価されることはあっても定量評価されることはありません。

―総合政策学部及び環境情報学部のAO入試の詳細についてはAO入試募集要領を参照願います。

受験生の皆さんへ

10月15日は慶應義塾空手の日

(創部および体育会承認記念日)

 

慶應義塾體育會空手部100周年

2024年10月15日